HONDAのインサイト

エコカーと環境問題 エコカー補助金について

ここ10年、テレビや新聞などのメディアでいつも取り上げられているのが地球温暖化を始めとする環境問題です。

その原因となるCO2などの「温室効果ガス」への対策が国や業界をあげて取り組んでいるというニュースが目立ってきました。
その対策として、いま最も注目されているのがエコカー対策です。

皆さんもエコカー減税、エコカー補助金という言葉を耳にしたことがるのではないでしょうか。そのような環境問題対策として取り上げられている自動車ですが、20世紀では人々に様々な恩恵を与えた自動車ですが、多量のCO2や排気ガスを発生したことで同時に地球環境に深刻な影響を与えてしまったのです。しかも、エネルギー問題というのも浮上して、石油が何十年後にはなくなってしまうという事情もあることから、自動車を見直そうという動きが活発化されています。

こうした環境問題やエネルギー問題を踏まえて、ガソリンやエネルギーを効率よく使って、なおかつCO2や排気ガスを抑えて環境に優しいエコカーについて当サイトは扱っていきたいと思います。




2009年はエコカー元年

2009年4月1日から始まった「環境対応車 普及促進税制」によって、エコカーブームが巻き起こっています。

自動車メーカーが揃ってエコカーのラインナップを充実させて、さらに政府がエコカー買い替え奨励金制度の導入をすることで、ユーザーのエコカー買い替えを促進させようとしています。もちろん、この制度は環境問題への効果もありますが、景気対策として新車だけでなく中古車市場も活性化させようとする動きです。

そのため、2009年はエコカー元年といわれるほどのエコカーブーム。

トヨタの新型プリウスの発表をはじめ、ホンダのインサイトによる価格革命を起こし、トヨタとホンダがハイブリッド車でシェア争いを繰り広げる中で、他者の状況と言えば、三菱自動車と富士重工業から電気自動車を発表したり、日産が2010年に電気自動車市場に参入することを発表するなど、エコカーに関する話題が尽きない年となっています。

当サイトではそんなエコカーの魅力に迫ってみたいと思います。

子供店長の黒い噂

こども店長とは2009年4月5日からトヨタ自動車のコマーシャルで起用されているキャラクターのことです。主な出演者は加藤清史郎さん、飯島直子さん、大後寿々花さんですが、主人公となるこども店長の加藤清史郎さんについてご紹介していきたいと思います。

このこども店長の活躍によって加藤清史郎さんは49th ACC CM FESTIVAL(社団法人全日本シーエム放送連盟主催)ベスト演技賞に選ばれ、また2009年の新語・流行語大賞のトップ10に「こども店長」が選ばれるほどの活躍ぶりです。

→ 続きを読む

バッテリー交換について

バッテリーとは自動車の部品のことで、自動車を走行する上には大変重要な役割を担ってくれています。バッテリーのおかげで、エンジン始動、各種ランプ類の点灯(ヘッドライトやブレーキランプなど)、カーナビ、カーオーディオやワイパー、パワーウィンドウなどといった電装品を動かせる役目を担っています。

→ 続きを読む

BMWハイブリットについて

2009年8月13日に、BMWとしては初のフルハイブリッド車、『アクティブハイブリッドX6』が発表されました。もともと、現行X6の市販前に公開したコンセプトカーとして2007年9月のフランクフルトモーターショーでは『コンセプトX6アクティブハイブリッド』を披露していました。

『アクティブハイブリッドX6』の特徴としては、直噴ガソリン4.4リットルV8ツインターボに2つのモーターを組み合わせたことです。そのため、量産ハイブリッド車としては最強の最大出力480ps、最大トルク79.5kgmを発生することができます。しかも、燃費はベース車両に対して20%向上させているのが特徴的です。燃費は正式発表されていませんが、BMWは「50iグレードの約20%増し」と発表されていますので、欧州複合モード燃費は9.6km/リットル程度と予想されています。

→ 続きを読む

チョロQハイブリットについて

チョロQハイブリットとは2009年10月下旬からタカラトミーから発売されているスタンダードチョロQを受け継いだ新シリーズのことです。

皆さんもご存知のチョロQが進化してハイブリッド化されたのがチョロQハイブリットです。

実はチョロQが発売されてから30周年を迎えるということもあって「チョロQハイブリッド!」が発表されました。

今まで異なるのがプルバックゼンマイで走るタイプだけでなくモーターで駆動するタイプの2種類を発売したところです。もちろん、互換性もあるため自分でお気に入りのボディーを2種類のシャーシに載せ替えることもできる点が嬉しいですね。

→ 続きを読む